top of page

16TAトレカ紹介~ENTJ編~ #16性格タイプ論勉強

更新日:3月29日

lesson15 2024.03.15

閲覧ありがとうございます!

どうも、職員(ISFP)です。


今回は ”ENTJ” についてご紹介していきます。

※カードの解説はかずし校長に監修してもらっています




16TAトレカ_ISFP説明
ENTJ / A-015

①タイプ名:ENTJ

さて今回はENTJです。16personalitys®では指揮官などと呼ばれます。

ENTJは生まれながらのリーダーで、社会的に大きな影響を自分が起こす存在であることをわかっています。そのエネルギーは多くの場合、ビジネスに向かいます。間違いなく仕事の鬼と呼ばれているでしょう。


彼らはビジョンを持っており、人生の自分の目標を知っていると答えます。人類の1~2%程度しかいないのですが、大企業の創業者に最も多いタイプであり、昨今ではスタートアップの経営者にも多いです。彼らを支えるのはビジョンと想いと、圧倒的で継続的な努力に起因した行動力です。


会社にこのタイプがいれば、間違いなく大きな存在感を出していることでしょう。ENTJは台風の中心にいます。



②HP:100

メンタル不調など特別な理由がなければ、彼らは全タイプで最も打たれ強いでしょう。ENTJは他人にも大変厳しいですが、自分にもその10倍厳しいでしょう。成し遂げるという強い意志に支えられ、大変強靭な精神を持っています。


社会的に突破力があるという自覚があることでしょう。



③タイプ説明:革新を起こす集団を組織する天才

INTJに対して、ENTJは組織を作ることに焦点をあてます。強い組織こそが、大きな物事を成し遂げるのに最も重要だと知っているからです。


ビジョンを語り、率先して行動し、ルールや慣習を無視して取り組む部下も、やる気と実績があれば引き上げることでしょう。



④特殊能力:サイボーグ

ENTJは決めたことを成し遂げる力があまりに秀でています。これは天性の才能です。面談するENTJの方はダイエットに成功しない人間の理由が本気で理解できないと感じるようです。


”食べないだけでしょ?なぜ食べるのか。多分本当はダイエットをしたくないのだろう。”


あるENTJと思われる経営者は言いました。

”『無理』というのはですね、嘘吐きの言葉なんです。途中で止めてしまうから無理になるんですよ”



⑤必殺技:こわいかお

多くの場合、ENTJは他者から恐れられます。興味深いことに、ENTJ自身は自分が偉いとかは気にせず、等身大で素直にぶつかってくることを望んでいます。


意外にも謙虚であり、また部下を信頼しているので、なぜもっと話しかけてこないのかいつも不思議に思っているようです。



⑥弱点:高いアウトプット/成長を望む

成果ややる気は、ENTJを説得させます。また、彼らは謙虚であり、組織外の人間に対しては特に謙虚な姿勢でリスペクトを忘れずに接します。


また、熱い心を持っており、部下が本気の姿勢を見せれば喜んで仕事を任せるでしょう。


家庭にかまえないから結婚出来ないと感じるENTJも多くいます。実際は結婚するENTJはとても多いです。多くの場合は間違いなく仕事優先の生活を送りますが、意外にも彼らは大変な家族思いです。



⑦にげる:悪口を言う/サボる

ENTJは怖い印象を与えますが意外にも起こることは少ないです。


そんな彼らが共通して腹を立てるのは

”そんなに”頑張らなくてもいいんじゃない?”

”サボろうよ”

そして陰口などです。


これらを見かけるとENTJは憤慨し、それを直す行動に出ます。

新しいルールを設けるかもせれません。


今出来ないことは許すが、これからもやる気がない人は看過できません。



⑧管理情報:バージョン:A、カード番号:015、レア度:ノーマル



⑨参考情報:周りに高いレベルを要求するが、本人はそれよりもっと頑張っているので多めにみてあげよう。

ENTJは総じて、大変優秀な人間かもしれませんが、周りからは恐れられ、煙たがられているかもしれません。あまりに要求レベルが高く、経営者ではNo2の育成に困っている方をよく見かけます。


ENTJは感情を弱さのように捉えてしまう傾向があります。他者の感情に気づくことは苦手です。

ENTJの成功は組織の力に依存していることを忘れずに、個人の想いを大切にしてあげることが重要です。


以上になります。


自分が何タイプかわからない方はコチラから(16性格タイプ診断)



次回16TAブログ予告


次回内容は考え中です。お楽しみに!!




職員(ISFP)



閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page