top of page

16TAトレカ紹介~ESFJ編~ #16性格タイプ論勉強

更新日:4月15日

lesson8 2024.02.21

閲覧ありがとうございます!

どうも、職員(ISFP)です。


今回は ”ESFJ” についてご紹介していきます。

※カードの解説はかずし校長に監修してもらっています




16TAトレカ_ISFP説明
ISTJ / A-008

①タイプ名:ESFJ

16personalitys®では領事と呼ばれます。皆に頼られる人情に深い、外向的な人です。

特に現代社会では女性に求められる人物像がESFJであると言われているので、自身の価値観として社会的にちゃんとした人である自覚があると思います。


仲の良い人と幸せを共有することがESFJの幸せです。隣で友人が質素な食事をする中、一人だけが豪華なディナーを食べるのはESFJにとっては苦痛です。


また、関わった人の情報を詳細に自身に記憶し、人に紹介します。

話の話題はいつも”こないだ会った○○さんって人が~”となることでしょう。



②HP:80

結構傷つきやすいのですが、社会的に批判されるような行動はとりません。上司とも戦うことはなく、上司を褒める傾向があります。困ったときは、相談する人が何人もいる方が多いので、本当に孤立する環境になりづらい方が多いでしょう。人の役に立つのが大好きな彼らは基本的に職場でもプライベートでも人望があります。



③タイプ説明:みんなを仲良しにする天才

ESFJは感謝の気持ちを忘れずに、みんなで仲良く過ごしたいという強い価値観を持っています。会社の同僚、親戚全員とも仲良くしたいです。


毎年、お正月などは家族全員で集うのが楽しみです。関わりのある全員と少しでも良い関係を築こうとします。人間関係に関しては誠実で、自己犠牲的ですらあります。

また、親戚や地元、元の会社の同僚など、昔に関わった人を大切にする傾向があります。



④特殊能力:おおきなうつわ

ESFJは頼まれごと、相談をされても嫌な顔はしません。むしろ喜んでさえいるように感じます。たとえ嫌いな人からであっても相談は嫌なことではないと感じる傾向にあります。

しかし、興味深いことに、大変に優柔不断で、決断は誰かに相談せずに決めることは殆どないでしょう。パートナーがESFJだと日常の全ての出来事を話してくれるでしょう。



⑤必殺技:ひろいあげる

ESFJは組織内で自分以外の人たちがいがみ合っているときに、自分から仲を取り持とうとして、日夜頭を悩ませます。みんなが少しでも楽しくなることに焦点が当てられます。

中が悪い人がいると、居心地が悪い気持ちになります。押しつけがましいと感じられることすらよくあるほどです。


あるESFJの上司はこういいました。

”俺は仕事の成果よりも、君たちが楽しく働いてくれればそれでいいんだ”



⑥弱点:頼まれる/仲良くなる

ESFJは頼まれごとを断るのが大変苦手です。一般的に受ける必要のないことも受けてしまします。それが彼らの人望の所以ですが。また、ここまでの説明の通り、物事や出来事の詳細よりも人間が大好きなので、自分の信頼する人の話から物事の価値を決めてしまう傾向があります。


”信用している人が美味しいって言ってたから、次はこのお店に行こう”



⑦にげる:感謝されない/身内が嫌がることを強要

献身的に他者のために行動するESFJは、感謝の気持ちを忘れません。お世話になった人にはお歳暮を欠かしません。


あるESFJの母は、子供がお世話になった人にもお歳暮を贈ります。

家に招いた人には手土産を持たせるでしょう。


その反面、自身が全く感謝されない態度を取られると、怒ります。とはいえ、おおらかで、高い記憶力に対して、あまり根に持たずに、機会があればまた仲良くなろうとするのですが・・・



⑧管理情報:バージョン:A、カード番号:008、レア度:ノーマル



⑨参考情報:優柔不断なところがあるので何か決める時には相談に乗ってあげよう。

ESFJの友人がいたら、いつもあなたに相談するでしょう。代わりに決断してあげると、結果に関わらずESFJは喜ぶでしょう。信用している人の判断は、妄信してしまいがちです。

変な宗教などにもハマりやすい傾向があるので気を付けてあげて下さい。その決断の前に、身近な誰かに相談するでしょう。それを救うには、知識以上に、より信頼できる人からの意見が必要です。


以上になります。


自分が何タイプかわからない方はコチラから(16性格タイプ診断)



次回16TAブログ予告


次回も16TAトレカ紹介を予定しています。お楽しみに!!




職員(ISFP)





閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page